信用取引の基本について

信用取引の大きな魅力

多くの人が一度は耳にしたことがあるであろう株式投資。しかし聞いたことはあるものの実はよく分からないといった人も少なくありません。 現在、株式投資において、比較的楽に自己資金が貯められるとして人気がある信用取引は、自分が持っている資産などを担保にして、証券会社から自分を信頼してもらうことで資金のおよそ3倍の取引ができるようになります。分かりやすく言うと、たった100万円で300万円の株を購入することが可能になるのです。 しかもその上、あらかじめ証券取引所から借りていた株を先に売ってしまうことで、株価が下落している時にその株を買い戻して利益を出すこと(空売り)もでき、まさに投資家たちにとっては魅力に満ちたビジネスといえるでしょう。

株式の投資における落とし穴

 この信用取引は上手くいけば多くの利益を得ることができますが、これはあくまでギャンブルなのでもちろん大きなリスクもあります。 信用取引といえども、信用の証として決済時には金利が付きます。リスクを減少させるためにも、下落時に強い証券会社を選ぶようにしましょう。 そして信用取引では、保証金も預けなければなりません。各証券会社ではおおよそ30%の委託保証金率を払う必要があり、その担保として現金、または保有株を払うことになります。保証金として預けている株の株価が下落してしまえば、追証が発生し追加の担保を入れなければならないのです。追証発生は意外と負担も重く、きちんと委託保証金率も確認しておく必要があります。

信用で取引を行う信用取引は、保証されるものが信用だけになってしまいますので信用取引の金利は高くなってしまいます。